27 1月

世界の性風俗こぼれ話

売春婦が歴史上最古の職業であるということをご存知だろうか?神聖娼婦あるいは神殿娼婦と呼ばれ、宗教上の儀式を通して、売春行為が行われたと記述がある。娼婦たちは、性交渉中に神の声が聞こえその娼婦たちと交わることで、神の啓示を賜ることができたのである。こういった神聖娼婦は世界各地に存在し、過去の歴史にも多大な影響を及ぼしたのである。

日本での最古の売春婦でもっとも有名なのが、歴史の時間にも習ったあの邪馬台国の女王「卑弥呼」である。卑弥呼の存在は、日本各地に紛争を巻き起こし卑弥呼の神秘なる力と床上手な技を独り占めしたいと思う各地の部族民によって激しい内戦が続いた。卑弥呼は、生涯独身を貫きその神秘なる技で死の間際まで、神の啓示を語り続けたという伝承が「魏志倭人伝」に書き残されている。

近代の神聖娼婦あるいは神殿娼婦と呼ばれる者たちは、戦前だと女郎と呼ばれるようになり、時とともに神秘的な存在感は薄れ、その地位も神聖娼婦から売春婦へと成り下がってしまう。しかし、彼女たちの技だけは太古の時代から受け継がれたものに更に磨きがかかり、神の啓示を聞く変わりに男たちの欲望を一身に受け止め喜びを与える貴重な存在と化していったのである。


06 2月

行きたくなるタイミング

個人的に風俗へと行きたくなるタイミングといえば、週末で仕事から解放されてテンションが上がっている時や、出張先でホテルに泊まっている時が挙げられます。

週末になって晴れやかな気分になると、一週間頑張ってきた自分への褒美として風俗へ行こうかなと思う気分になったり、可愛い女の子に癒やされてストレスを解消したくなるものです。

また、風俗へ行く楽しさを味わう時と言えば、出張先や旅行先などでいつもと違うエリアへとお出かけをした時です。
その土地での風俗街を探して探索してみて、一期一会のフレッシュな出会いを楽しんだり、一晩の良い思い出を作るようにしています。

ヘルスやピンクサロンへ行くのも良いですが、出張先ならこっそりとホテルにデリヘルを呼んで風俗を利用することもたまにあります。

女の子が自分のもとまで来てくれる手軽さや、土地勘が全くない場所でも面倒な下調べをせずに風俗のサービスを楽しめる点がデリヘルの醍醐味だと思います。

風俗に行く際は人肌が恋しくなったり、寂しくて誰かと一緒に過ごしたいと思う時が多いものです。
淡々とプレイを楽しむだけでなく、女の子とコミュニケーションをして笑顔になれたり、肌の温もりに触れると気持ちも癒やされますし、テンションがとても上がります。


20 11月

より良いサービスを受ける方法

千葉のデリヘル限定、より良いサービスを受ける方法.

デリヘルのサービスは全国的にどこも似通ったサービス内容となっています。
もちろんデリヘルに限らず基本的にはどの風俗もそうなのですが、
千葉のデリヘルに限ってはある方法を使うとワンランク上のサービスを受ける事が出来ます。

例えばキスNGの嬢とディープキスをする事が出来たり、
一回射精すると時間が残っていても雑談で終わらせようとする嬢と二回戦が出来るようになったり、
全員が全員そうとは言いませんが、千葉のデリヘルに限ると成功率は高いです。

その方法というが、ある一言を添えるだけの簡単な方法です。

「東京のデリヘルでは普通にこれをしてくれた」

たったこの一言を添えるだけになります。

千葉に住んでいる方は自身も東京の一部と考えている人が非常に多いです。
劣等感とは言いませんが、東京と同じようにする、したいと考える人が多いのが千葉県の特徴と言えます。

つまり、潜在的な感情を呼び起こすことによってプレイ内容の質を上げる事が出来るということです。

デリヘルを多く利用している人ならば全ての嬢が当たりではないという事を分かっていると思います。
人の性格はそれぞれ違うのでそれが当然なのですが、
本能的な部分というのは概ね同じ傾向になります。

ですので、千葉でデリヘルを利用している方は騙されたと思って一度行ってみてください。
きっと、普段よりワンランク上のサービスを受ける事が出来るはずです。


11 9月

久々に触れた女性の柔肌

gewwetewtt

朝に弱い僕は、彼女さえいれば朝にやさしく起こしてくれるだろうに。
彼女さえいればなぁ~

そんな夢をずっと抱いていました。
ところが、今の自分の両親を見てみると、やさしく起こすどころか「こら!起きろ!」
そんな乱暴な扱いを母がするので、やはり現実とはこんなものかと思いました。

しかし、彼女がほしいという未練は断ち切れず、東京から離れて千葉のデリヘルに頼りました。
待ち合わせ場所を決めてデート感覚にする予定でしたが、あえてホテルでの密会にしました。

すると、コンコンとノックする音が聞こえたので、「はい」といってドアを開けると、
「おはよう~、あ!じゃなくてこんにちはでしたね、あはは」と挨拶してくれました。

この娘可愛いな~と思いながら、またしてもこんな娘と一緒に生活してみたいと思いました。
さすがにお金を払っているからとはいえサービス満点な娘でしたね。

もちろん下の欲棒も立ちっぱなしです。
「最近のデリヘルはレベルが高いね」と話しかけると「そんなことないよぉ~」との可愛い返事。
こんな生活が一生続けばいいのになと思いながら、オプションをあえて付けて名刺まで貰いました。

45分という短い間でしたが、久々に触れた柔肌と可愛らしい声でたっぷり楽しめました。
また、頼みたくなりましたね。

千葉デリヘル


Looking for something?

Use the form below to search the site:

Can't find what you want? Just let us know so we can help you!

Visit our friends!

Our Links...

    Archives

    All Archived Entries....